プラモデル、ツールのホビーショップ・ポッピー、M4シャーマン制作日記第11回

プラモデル、ツールのホビーショップ・ポッピー

プラモデル、ツールの情報サイトにご来訪頂き誠に有難うございます。

M4シャーマン制作日記

第11回、フィギュア(顔)の塗装

アメリカ陸軍の主力戦車である M4シャーマン のプラモデル制作の第11回目。

ミリタリミニチュアのフィギュア(人形)は元々のスケールが1/35ととても小さく塗装も
かなり面倒な作業になりますが、ここは根気を出して描き入れることにしましょう。

ここでは特に顔にスポットをあてて説明していきたいと思います。

顔部分白色下塗り

↑まず、下塗りに明るい色を塗ります。今回は「XF−2、フラットホワイト」を使いました。

肌色塗り

↑よく乾燥させて肌色を塗ります。「XF−15、フラットフレッシュ」をそのまま使いました。
私は再現したい肌色に応じて時々、茶系のカラーをごく少量混ぜることもあります。

眼球描き入れ

↑次に、白目を塗ります。後で修正するのではみ出して構いません。
乾いたら黒目を入れます。「X−4,ブルー」を使いました。
面相筆の先端でカラーを「置く」ような感覚で描きます。

アイライン描き入れ

↑アイライン(まつげと目の縁)を描き入れます。目の内側に向かってはみ出さないように
慎重にカラーを「置いて」いきます。
色は茶系や黒なら何でもいいでしょう。私は「XF−51、カーキドラブ」を使用しました。

アイライン修正中

↑肌色でアイラインを修正します。最終的には下図の様に目頭と目尻を太めに残すようにすると良いようです。 上図は左目上部修正中。

眉毛描き入れ

↑目の修正を終了させ、眉毛を描き入れます。
ここでも目の方向にははみ出さないように描き入れます。

眉毛修正後唇塗り

眉毛の修正終了。
唇に紅をさします。っていうか、唇を描きます。
肌色に赤をほんの少し混ぜて塗ります。

唇修正

赤がきつ過ぎるので、唇に肌色を重ね修正したら顔の塗装終了です。


つづく

M4シャーマン制作日記目次に戻る

プラモデル、ツールのホビーショップ・ポッピー、トップページ
プラモデル、ツールのホビーショップ・ポッピー、サイトマップ
プラモデル、ツールのホビーショップ・ポッピー、トップページ プラモデル、ツールのホビーショップ・ポッピー、サイトマップ
FC2 [PR] キャッシング 冷え対策 ヤスオク 動画 無料レンタルサーバー SEO